« 「エイベックス」を実質牛耳る、スキャンダル揉み消し広報マンの正体 | トップページ | <心声天語> (79)「賭け事と国民性」 »

2008.12.28

「アーティストハウス」が増資を取り止めた“不適切な出資者”が狙っていたもの

  報告が遅くなってしまったが、マザーズ上場の「アーティストハウスホールディングス」は払込期日だった12月25日、最大約6億円の資金調達を目指していた増資を中止した。その理由として、割当先の投資事業組合への大半の出資予定者が「不適切」な者だと判明したからと広報している。本紙は12月18日、「『アーティストハウス』の増資引き受け投資事業組合の正体」というタイトル記事でその正体をすでに暴いていた。この「不適切」な者とは、不動産会社「明治建物」の原田秀雄社長を指していると思われる。そう、少し前まで、ジャスダック上場の「NFKホールディングス」に食い込み、共同事業名目でかなりの資金を食った疑惑が出ている。東証1部の不動産関連会社「アトリウム」に関してもそうだ。それにしても原田氏、何が狙いだったのか。
2008年12月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 「エイベックス」を実質牛耳る、スキャンダル揉み消し広報マンの正体 | トップページ | <心声天語> (79)「賭け事と国民性」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43555660

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーティストハウス」が増資を取り止めた“不適切な出資者”が狙っていたもの:

« 「エイベックス」を実質牛耳る、スキャンダル揉み消し広報マンの正体 | トップページ | <心声天語> (79)「賭け事と国民性」 »