« <心声天語> (78)「老いの知恵」 | トップページ | SFCGの違法回収疑惑に加担する日野正晴元金融庁長官 »

2008.12.25

政治結社を利用し、ライバル副社長追い落としを画策していた!? JーPOWER社長(Ⅲ)

 さて、この連載では2回に渡り、東証1部、日本最大の卸電気事業者で、04年に上場するまで特殊法人と極めて公的性格の強い「JーPOWER(登記会社名は「電源開発」)」で派閥抗争が起き、あろうことか、そのトップの中垣喜彦社長が実弟を介して、よりによって広域暴力団と一体の関係にある政治結社に、ライバルである沢部清副社長の追い落とし工作を依頼していた疑惑を報じた。しかし、諸事情からその実行を一旦は延期させられ、挙げ句、連絡を絶たれたその政治結社側は激怒し、実はすでに行動を起こしていた。関係者によれば、11月26日、J-POWER元子会社「エピュレ」が被告、この連載ですでに登場願っているH氏のE社が原告の民事控訴審で、原告敗訴の判決が出た直後のことだ。夜間、中垣社長派との仲介をしたH氏は政治結社側に問い詰められた挙げ句、その幹部や構成員と共に、中垣社長の自宅を訪ねていたのだ。
2008年12月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <心声天語> (78)「老いの知恵」 | トップページ | SFCGの違法回収疑惑に加担する日野正晴元金融庁長官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43527046

この記事へのトラックバック一覧です: 政治結社を利用し、ライバル副社長追い落としを画策していた!? JーPOWER社長(Ⅲ):

« <心声天語> (78)「老いの知恵」 | トップページ | SFCGの違法回収疑惑に加担する日野正晴元金融庁長官 »