« <心声天語> (76)「遺伝子情報の解読」   | トップページ | 上場廃止危機の「春日電機」絡みで、森喜朗元首相の名前が飛び出す理由 »

2008.12.19

外されていた債務者「アーティストハウス」、債権者「クオンツ」の抵当権

 昨日、宿題としていた、東京はJR渋谷駅にほど近いマザーズ上場「アーティストハウスホールディングス」の子会社「ミュージックランド」所有の物件についていた、ジャスダック上場「クオンツ」の根抵当権が外れていた件について、以下、報告する。かつてアーティストハウスは、クオンツの 子会社だったことなどから、資金繰りのために7億5000万円を借り入れた。そして、その担保に、アーティストハウスは子会社で、楽器販売で有名なミュージックランドの本社を差し出していたわけだ。だが、その後、アーティストハウスは増資により、クオンツの子会社ではなくなったこと、またクオンツの資金繰りが厳しくなったことから、両社ともこの債権・債務の解消が大きな課題になっていた。アーティストハウスが12月9日、増資を発表した狙いの一つは、新規事業資金調達とともに、クオンツへの借金返済だった。
2008年12月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <心声天語> (76)「遺伝子情報の解読」   | トップページ | 上場廃止危機の「春日電機」絡みで、森喜朗元首相の名前が飛び出す理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43465080

この記事へのトラックバック一覧です: 外されていた債務者「アーティストハウス」、債権者「クオンツ」の抵当権:

« <心声天語> (76)「遺伝子情報の解読」   | トップページ | 上場廃止危機の「春日電機」絡みで、森喜朗元首相の名前が飛び出す理由 »