« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(192)永田町発衝撃情報「近くわが国を代表する○○系企業が破綻!?」 | トップページ | <臨時速報>1年前、本紙指摘ーー「神世界」による霊感商法事件で、北大准教授が諭旨解雇処分(道庁職員にも協力者) »

2008.12.30

シャンシャン総会だったアートコーポレーション

 本紙でも予告したように、12月22日、引っ越し専業首位、東証1部「アートコーポレーション」の第32回定時株主総会は「リーガロイヤルホテル」3階のホールで午前10時からあった。総会冒頭で、議長を務めた寺田千代乃社長は、上場以来初の減益になったこと、そして訴訟提起されたこと(3件。その総請求額は約26億3000万円)で株主に心配をかけたとして陳謝した。アートの今期純利益は前期比約74%という大幅減の6億8900万円(連結)。その最大の原因は、先の訴訟提起の原因でもある取引先の広告業者(=「オフィスアイ・エヌ・ジー」)の資金繰り悪化により貸倒引当金繰入額9億1400万円を計上したことだった。そんなわけだから、常識的に考えても今回の総会は荒れて当然だった。そして、同社自身、実際にそれをものすごく懸念していたようだ。だが、終わってみれば、所用時間は1時間にも満たず、質問には10名の株主が立ったものの、その大半はどうでもいいような質問で、なかには「千代乃社長のファンです」、「美しいお顔を見れてうれしい」などと、社員かサラクでは? と思わないわけにはいかないような発言まであった。
2008年12月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(192)永田町発衝撃情報「近くわが国を代表する○○系企業が破綻!?」 | トップページ | <臨時速報>1年前、本紙指摘ーー「神世界」による霊感商法事件で、北大准教授が諭旨解雇処分(道庁職員にも協力者) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43579276

この記事へのトラックバック一覧です: シャンシャン総会だったアートコーポレーション:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(192)永田町発衝撃情報「近くわが国を代表する○○系企業が破綻!?」 | トップページ | <臨時速報>1年前、本紙指摘ーー「神世界」による霊感商法事件で、北大准教授が諭旨解雇処分(道庁職員にも協力者) »