« SFCGの違法回収疑惑に加担する日野正晴元金融庁長官 | トップページ | 「エイベックス」を実質牛耳る、スキャンダル揉み消し広報マンの正体 »

2008.12.27

「ターボリナックス」社長がなぜか認めないある投資話

「ターボリナックス」といえば、へラクレス上場のLDH(旧ライブドア)系IT企業。マイナスイメージや訴訟リスクからLDH系からの離脱を模索しているが、売上高は10億円にも満たず、また営業赤字を出し続けているとなれば、LDHに変わる投資家は簡単には見つかりそうにない。そこでこの11月には、まずは中国での事業を強化すべく約5億円分の第3者割当増資を行ったが、これも内2億1000万円が集まらず失権した。そのため、矢野広一社長はこの12月末を目処に不足分を調達すべく奔走していたようだが、その過程である投資話が寄せられた。
2008年12月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« SFCGの違法回収疑惑に加担する日野正晴元金融庁長官 | トップページ | 「エイベックス」を実質牛耳る、スキャンダル揉み消し広報マンの正体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43545437

この記事へのトラックバック一覧です: 「ターボリナックス」社長がなぜか認めないある投資話:

« SFCGの違法回収疑惑に加担する日野正晴元金融庁長官 | トップページ | 「エイベックス」を実質牛耳る、スキャンダル揉み消し広報マンの正体 »