« 小室哲哉詐欺話で、次に当局が狙う大物詐欺師 | トップページ | 自主営業を続ける京浜ホテル従業員たち--失業の嵐の中で労働者の「希望の星」へ-- »

2008.12.09

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第50回 これで受信料など払えるか! NHKは腐敗の巣窟(Ⅲ)」

「アクセスジャーナル」の読者だというマスコミ知人から「今までの芸能記事も面白かったが、NHKの内幕ものは凄い」と電話があった。私が今日、この歳まで、”正義“を言い続けるのは、大人の生き様、親の生き様が子供を悪くし、世の中を悪くすると信じて疑わないからだ。出世のためには、金さえ持てば勝ち、そのためには人を騙そうが、殺そうがの世にしたのは他ならぬ大人たちである。親のその生き様を見て子供は育つからだ。こうした人間の浅ましさを見事に見せつけているのがテレビ業界で、その筆頭がNHK、日本放送協会です。そのNHKの経営委員長を務めた富士フィルム会長の古森重隆氏は改選期を機会に退任する決意を発表しましたが、まともな企業経営者から見ると、NHKの腐りきった状態は手のつけようがないということでしょう。例えば、旧田中派、後の竹下登派に取り入り、当時の島桂次会長のあれこれを田中派議員らに告げ口し、足を引っ張った海老沢勝二元会長に、1億円の退職金が支払われるのもその一例です。紅白歌合戦の担当者の公金横領事件や他の不祥事で引責辞任させられ、NHK受信料金激減の元を作った最高責任者の海老沢会長に対し、ここに来て、執行部や経営委員会の一部から、「不祥事以外の部分をまったく評価しないのはどうか」との意見が出て、減額される見通しとはうえ、それでも支払うとなればまた受信料不払いが再燃するのは必至。ところが、同時に、海老沢氏の傀儡会長となり、やはり職員の数々の不祥事で引責辞任させられた橋本元一前会長にも退職金が支払われる方向のようです。もっとも、例え受信料不払いが再熱しようが、NHKは潰れることも、また、民間放送となることも絶対ありません。なぜなら、NHKの職員の約1割が政治家、財界人のコネ入局だからです。中曽根康弘元総理の娘も、あの鈴木宗男の一の子分で、私が宗男の次に逮捕させようと攻めていた、自殺した元農水相・松岡利勝の息子も、民主党の姫井由美子に落選させられた自民党の大物参議院議員・片山虎之助の息子もNHKにいます。ですから、あなたやあなたの子供を就職させたかったら、近くの村会議員、町会議員、市会議員や区議会議員、県会議員の後援会に入会し、時期を見計らい彼らに国会議員を紹介してもらい、コネでNHKに就職することです。頭が悪い? 普通の頭なら大丈夫です。入局してしまえば一生安泰で、定年まで私服を肥やせます。もちろん、正義に反することは言うまでもありません。あなたの良心が咎めないならのことです。
2008年12月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

|

« 小室哲哉詐欺話で、次に当局が狙う大物詐欺師 | トップページ | 自主営業を続ける京浜ホテル従業員たち--失業の嵐の中で労働者の「希望の星」へ-- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43368758

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第50回 これで受信料など払えるか! NHKは腐敗の巣窟(Ⅲ)」:

« 小室哲哉詐欺話で、次に当局が狙う大物詐欺師 | トップページ | 自主営業を続ける京浜ホテル従業員たち--失業の嵐の中で労働者の「希望の星」へ-- »