« 自主営業を続ける京浜ホテル従業員たち--失業の嵐の中で労働者の「希望の星」へ-- | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第51回 これで受信料など払えるか! NHKは腐敗の巣窟(Ⅲ)」 »

2008.12.10

「昭和ゴム」からAPF側に流出したのはCP11億円分以外にも

 本紙でも既報のように、 東証2部、ゴム関連老舗メーカー「昭和ゴム」(本社・千葉県柏市)は10月22日、「APF」のグループ会社から11億円分ものCPを購入したことを明らかにした。APFの関連会社は今年6月、昭和ゴムの第3者割当増資を12億4500万円分引き受けたが、こうなると差引APF側の純投資額はわずか1億4500万円ということになる。これだけで東証2部上場会社を傘下に治めることが出来れば、安い買い物といえる。だが、昭和ゴムのある関係者によれば、こちらは公表されていないが、実は昭和ゴムがAPF側に出資した分はさらにあり、差引、昭和ゴム側の出資分の方がはるかに多いという。俄には信じられないことだが、しかし、昭和ゴムの組合なども、その事実はすでに把握しているという。
 2008年12月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

|

« 自主営業を続ける京浜ホテル従業員たち--失業の嵐の中で労働者の「希望の星」へ-- | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第51回 これで受信料など払えるか! NHKは腐敗の巣窟(Ⅲ)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43374110

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和ゴム」からAPF側に流出したのはCP11億円分以外にも:

« 自主営業を続ける京浜ホテル従業員たち--失業の嵐の中で労働者の「希望の星」へ-- | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第51回 これで受信料など払えるか! NHKは腐敗の巣窟(Ⅲ)」 »