« <書籍紹介>『マッド・アマノの「謝罪の品格」』」(マッド・アマノ。平凡社新書) | トップページ | <心声天語> (77)「 プロの泥棒VSプロの刑事」 »

2008.12.21

<記事紹介>「『崖っぷち』のオリックス」(『FACTA』09年1月号)

 ついに、本紙と同様、東証1部、総合リース国内首位の「オリックス」(宮内義彦会長)の経営が危ないとする見解を本格的に特集した記事が出た。12月20日発売の月刊の会員制総合情報誌『FACTA』がそれだ。3頁の特集を行っている。オリックスは11月22日、「日経」1面すべてを使い、1500億円分の新株予約権の募集を行ったが、これも資金繰りが厳しい証拠だという。この記事、不動産融資の比重を高めたところ、東証1部「ジョイント・コーポレーション」が破綻しかけ、不良債権が多量に出ることを避けるために救済したとの見方も本紙と同様だが、さらに、ジョイントが民事再生法申請直前だったのを宮内氏自ら思い止まらせた詳細まで記している。
2008年12月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書籍紹介>『マッド・アマノの「謝罪の品格」』」(マッド・アマノ。平凡社新書) | トップページ | <心声天語> (77)「 プロの泥棒VSプロの刑事」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43487921

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「『崖っぷち』のオリックス」(『FACTA』09年1月号):

» いまのりくん [いまのりくん]
オリックス自動車のいまのりくん [続きを読む]

受信: 2008.12.23 11:13

« <書籍紹介>『マッド・アマノの「謝罪の品格」』」(マッド・アマノ。平凡社新書) | トップページ | <心声天語> (77)「 プロの泥棒VSプロの刑事」 »