« <ミニ情報>J-POWER関連控訴審判決の結果 | トップページ | <心声天語> (70)「秀吉を見抜いた信長」 »

2008.11.27

引っ越し専業首位「アートコーポレーション」が、広告代金支払いで次々提訴された背景

 本紙既報のように、東証1部、「アートコーポレーション」が、今年に入って「東急エージェンシー」など広告会社3社に次々と提訴されている(請求総額は約26億3000万円)。さらに、9億1400万円の特別損失を計上せざるを得なくなるなど、異常事態が生じている。いったい、何が起きているのか。IR広報では社名は伏せられているが、東急エージェンシーなど3社が訴訟提起に至った、アートコーポレーションが広告出稿を委託していた広告業者と、特損を出すに至った広告委託会社はすべて同じで、「オフィスアイ・エヌ・ジー(ING)」という。アートコーポレーションは、今回のトラブルはすべてこのINGが勝手にやったことで、同社は関係ないという。だが、本紙が把握しているINGと他の広告会社=「R広告社」との、前出・3社と根本は同様と思われる金銭を巡るトラブルでは、アートコーポレーションの企画広報室長が署名したアートコーポレーションの「発注書」、「念書」が存在するのだ。そこで、本紙は以下のような「質問状」をアートコーポレーションに出した。これに対し、文書にて回答があったのでそれも以下に掲載する。結論からいえば、アートッコーポレーションはこの発注書、念書は企画広報室長が勝手に出したもので、すでに室長の職を解き、近く処分する方針として、会社に非はないという。だが……。
2008年11月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル
 

|

« <ミニ情報>J-POWER関連控訴審判決の結果 | トップページ | <心声天語> (70)「秀吉を見抜いた信長」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43244703

この記事へのトラックバック一覧です: 引っ越し専業首位「アートコーポレーション」が、広告代金支払いで次々提訴された背景:

« <ミニ情報>J-POWER関連控訴審判決の結果 | トップページ | <心声天語> (70)「秀吉を見抜いた信長」 »