« 当局も注目ーー「シルバー精工」が、本紙指摘疑惑子会社をついに解散、清算へ | トップページ | 親会社「クレディセゾン」が100%子会社化!?「アトリウム」不良債権隠しの典型例=南青山物件 »

2008.11.26

元厚生次官宅連続襲撃事件ーー本当に小泉容疑者は犯人なのか?

事件からわずか5日後、小泉毅容疑者(46)が出頭し、急展開した元厚生事務次官宅連続襲撃事件。持参した刃物に付着した血液が簡易鑑定で被害者のものと一致するなど、犯行の動機は、当初の「年金テロ」から、精神的に病んだ者による「巻き添え死」との見方が有力になって来ている。だが、当局は未だ警戒を解いていない。いくら何でも、「34年前に殺された家族(犬)の仇討ち」といわれても、俄には信じられるはずもない。本紙に前回、情報提供してくれた、厚労省上部にルートを持つ関係者も、小泉容疑者が犯人の可能性は低いと未だに漏らす。そこで、その理由を聞いてみた。
2008年11月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

|

« 当局も注目ーー「シルバー精工」が、本紙指摘疑惑子会社をついに解散、清算へ | トップページ | 親会社「クレディセゾン」が100%子会社化!?「アトリウム」不良債権隠しの典型例=南青山物件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43227903

この記事へのトラックバック一覧です: 元厚生次官宅連続襲撃事件ーー本当に小泉容疑者は犯人なのか?:

« 当局も注目ーー「シルバー精工」が、本紙指摘疑惑子会社をついに解散、清算へ | トップページ | 親会社「クレディセゾン」が100%子会社化!?「アトリウム」不良債権隠しの典型例=南青山物件 »