« 親会社「クレディセゾン」が100%子会社化!?「アトリウム」不良債権隠しの典型例=南青山物件 | トップページ | 引っ越し専業首位「アートコーポレーション」が、広告代金支払いで次々提訴された背景 »

2008.11.27

<ミニ情報>J-POWER関連控訴審判決の結果

 東証1部、東京電力を始め電力10社への電力卸が主力の「J-POWER(登記社名は電源開発)」の化粧品元子会社が被告の本紙既報の控訴審は、予定通り、本日午後2時、東京高裁で判決言い渡しがあった。その結果は以下の通り。
2008年11月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

|

« 親会社「クレディセゾン」が100%子会社化!?「アトリウム」不良債権隠しの典型例=南青山物件 | トップページ | 引っ越し専業首位「アートコーポレーション」が、広告代金支払いで次々提訴された背景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43237554

この記事へのトラックバック一覧です: <ミニ情報>J-POWER関連控訴審判決の結果:

« 親会社「クレディセゾン」が100%子会社化!?「アトリウム」不良債権隠しの典型例=南青山物件 | トップページ | 引っ越し専業首位「アートコーポレーション」が、広告代金支払いで次々提訴された背景 »