« 大麻所持で逮捕ーープロテニスプレイヤーのお相手(元AV女優)の出演作品 | トップページ | これが本当の小室哲哉「借金リスト」 »

2008.11.11

アトリウムの大口債務者物件を検証(1)

 本紙は11月6日、東証1部、不動産ファンドや融資保証の「アトリウム」の大口債務者の名前を挙げ、その経営の厳しさの概略を述べた。そこで今後は、リストに挙がったその大口債務者にアトリウムが融資保証している物件を具体的に見てみよう。今回は、東京は恵比寿駅にほど近い、「センテ・グランデ」の物件。現場を訪ねてみると、写真のように、現在、工事中。ただし、これは建設ではなく解体工事。同地には地上11階、地下2階のビルなど大きなビルが2棟、その他にも低層ビルが一棟建っていた。実は同地の所有者は正確には「グランデ・トラスト・ナイン」という有限会社。ただし、この有限会社に所有権が移ると同時に……。
2008年11月11日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル


|

« 大麻所持で逮捕ーープロテニスプレイヤーのお相手(元AV女優)の出演作品 | トップページ | これが本当の小室哲哉「借金リスト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43081945

この記事へのトラックバック一覧です: アトリウムの大口債務者物件を検証(1):

» 債務 [破産の前に・・・]
債権総論 分割債権債務ひとつの債権・債務について相続等により複数の当事者が生じた場合、民法の原則は、分割可能である限り債権も債務も頭... [続きを読む]

受信: 2008.11.11 20:14

« 大麻所持で逮捕ーープロテニスプレイヤーのお相手(元AV女優)の出演作品 | トップページ | これが本当の小室哲哉「借金リスト」 »