« 大手マスコミ・警察一体の“弱い者イジメ”に苦言なしーー東京地裁、報道で種明かし「適法」判決 | トップページ | <ミニ情報>「東邦グローバルアソシエイツ」に対し債権差押え命令出る »

2008.11.02

大阪地検が詐欺容疑で、小室哲哉周辺者から事情聴取

本紙は10月30日、「大阪地検が超大物音楽プロジューサー等をターゲットに捜査!?」なる記事を報じたが、このプロジューサーとは「小室哲哉」を指す。関係者からより詳細な証言が取れたので、タイトル等に実名を出すことにした。なお、前回記事では、小室も関わる音楽関連会社E社のオーナーである早川優氏も、共犯の可能性があるように書いたが、その早川氏、人を通じて「事実無根」と抗議して来たことを報告しておく。その仲介者によれば、地検が狙っているのは小室と、告訴状を出している芦屋の資産家S氏を小室を仲介した人物の2名とのことだ。
2008年11月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

|

« 大手マスコミ・警察一体の“弱い者イジメ”に苦言なしーー東京地裁、報道で種明かし「適法」判決 | トップページ | <ミニ情報>「東邦グローバルアソシエイツ」に対し債権差押え命令出る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42985303

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪地検が詐欺容疑で、小室哲哉周辺者から事情聴取:

« 大手マスコミ・警察一体の“弱い者イジメ”に苦言なしーー東京地裁、報道で種明かし「適法」判決 | トップページ | <ミニ情報>「東邦グローバルアソシエイツ」に対し債権差押え命令出る »