« 元厚生次官宅連続襲撃事件ーー本当に小泉容疑者は犯人なのか? | トップページ | <ミニ情報>J-POWER関連控訴審判決の結果 »

2008.11.26

親会社「クレディセゾン」が100%子会社化!?「アトリウム」不良債権隠しの典型例=南青山物件

 本紙が問題点を追及している東証1部、不動産ファンドや、親会社で同じく東証1部「クレディセゾン」の不動産融資保証の「アトリウム」は11月12日、実に興味深いIR広報を行った。同日開催の取締役会で、アトリウムは東京・南青山の大型開発案件で不動産融資保証を行っている顧客と共同で特別目的会社「AD2」を組成していたが、この度、隣接する不動産との一体開発する目的でアトリウムは46億8000万円も優先出資して優先出資比率100%の特定目的会社「MAPJ」を設立、そちらにAD2だった土地の所有権を移すという。ここで指す「顧客」とは、大口債務者である不動産会社「アデッソ」を指す。前出のIRを見ると、付近の土地を一体開発するためには何やら別の特別目的会社を設立させなければならない必然性があるような記述となっている。しかし、そんなことはない。隣接地は「ADM3」という合同会社の所有になっているが、このADM3の業務執行社員は「“アデッソ”エムス」となっている(“”は編集部が付けた)ことからも察せられるように、そもそもそこもアデッソ所有の土地だった。こちらにはいま現在も、アトリウムが160億円分の債務保証をしている。
2008年11月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

|

« 元厚生次官宅連続襲撃事件ーー本当に小泉容疑者は犯人なのか? | トップページ | <ミニ情報>J-POWER関連控訴審判決の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43236779

この記事へのトラックバック一覧です: 親会社「クレディセゾン」が100%子会社化!?「アトリウム」不良債権隠しの典型例=南青山物件:

» 警察に行った [バロメータ]
警察に行ってきた。 経緯を少し述べておくと、私は県のある委員会の外部の委員をしており、若干は県の行政に貢献している。私のかかわる一連の件はとても個人レベルではどうしようもないことであるので、この際私の任命権者である県知事にこの状況を改善するための手助けをして欲しいと要望者を提出した。そうしたところ委員会の担当課から、行政としては取り扱いにくい問題という返事が来て、これが県の見解ということであった。個人でどうしようもないから頼んでいるのだがというと、それではということで、担当課の人が県警に相談に行って... [続きを読む]

受信: 2008.11.27 00:57

» 資金繰りに困ったらココ [中小企業の最後の手段]
ブラック・債務整理・自己破産した方々や、資金繰りに行き詰まった中小企業など。資金調達のプロがご融資のお手伝いをしている、金融コンサルタントの団体があります。 [続きを読む]

受信: 2008.11.28 12:01

« 元厚生次官宅連続襲撃事件ーー本当に小泉容疑者は犯人なのか? | トップページ | <ミニ情報>J-POWER関連控訴審判決の結果 »