« <主張>新銀行東京、小室哲哉事件の背後に見え隠れする仕手人脈 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(188)「大手橋梁メーカーに暴力団への裏金支払い疑惑浮上」 »

2008.11.09

<書籍紹介>『株式市場の黒幕とヤクザマネー--共生者』(松本弘樹。宝島社)

 NHKの特集「ヤクザマネー」も面白かった。だが、所詮は部外者が取材したものだ。これに対し、著者は元証券アレンジャーで、当事者。それも大物仕手筋・西田晴夫と一緒に仕事をし、また、旧大蔵官僚だった田谷廣明が率いる「紀尾井町T2OM再生事業投資事業組合」の“T2OM”は田谷氏ともう1人のTなどから取ったもので、そのM=松本氏というほど株世界の“実力者”なのだ。それでいて、元仲間の西田を「相場の“主役”たる仕手筋から錬金術師へと身を落とした」、また西田の愛人とも言われた白杉恵子に対しては「共生者(暴力団との連携者)の領域をも飛び越えようとしている」と批判し、彼らが絡んだアーティストハウス、クオンツ、NOVA、シルバー精工、宝林、日本ファーネス工業(現NKFホールディングス)、イタリヤードなどの各銘柄に関する動きを具体的に明かしているのだ。本物の迫力に優るものはない。
2008年11月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル



|

« <主張>新銀行東京、小室哲哉事件の背後に見え隠れする仕手人脈 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(188)「大手橋梁メーカーに暴力団への裏金支払い疑惑浮上」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43064969

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『株式市場の黒幕とヤクザマネー--共生者』(松本弘樹。宝島社):

« <主張>新銀行東京、小室哲哉事件の背後に見え隠れする仕手人脈 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(188)「大手橋梁メーカーに暴力団への裏金支払い疑惑浮上」 »