« 「テークスグループ」(旧東京衡機製造所)第3者割当増資(一部)失権の真相 | トップページ | いよいよ所有不動産が流出しだした「井上工業」 »

2008.10.07

詐欺罪で告訴された「神奈川歯科大学」理事

 関係者の話から、「神奈川歯科大学」の理事が、立て続けに2件、詐欺罪で警視庁に告訴されていることがわかった。今年7月のことで、被害額は1件は2150万円、もう一件は1700万円。また、この件同様、これを機会に、他の理事も含めた、およそ医者とは思えぬモラルの欠如した疑惑も次々と浮上。OBからも同学校法人の行方に不安の声が上がっている。同学校法人においては、2000年10月、データを捏造した論文を書いた件で教授が免職に。また、99年2月には、現理事長が研究生に論文盗用を勧めていたとして問題になったこともある。さらに学内派閥争いから、理事会で某理事が別の理事の「裏金着服疑惑」を指摘、この名誉毀損訴訟で05年1月、指摘した理事に請求額満額の500万円支払えとの判決が出るなどしている。
2008年10月7日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「テークスグループ」(旧東京衡機製造所)第3者割当増資(一部)失権の真相 | トップページ | いよいよ所有不動産が流出しだした「井上工業」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42716206

この記事へのトラックバック一覧です: 詐欺罪で告訴された「神奈川歯科大学」理事:

« 「テークスグループ」(旧東京衡機製造所)第3者割当増資(一部)失権の真相 | トップページ | いよいよ所有不動産が流出しだした「井上工業」 »