« <書籍紹介>『誰が日本の医療を殺すのか』(本田宏。洋泉社) | トップページ | SFCGに、今度は不良債権飛ばし疑惑浮上 »

2008.10.26

本紙既報の明治安田生命の不払い訴訟、原告側敗訴、控訴

 すっかり報告が遅くなってしまったが、本紙既報の、注目の「明治安田生命」を被告とする生命保険金の不払いに対する請求訴訟は9月12日に判決があり、裁判所は原告側の請求を一切認めなかった。これに対し、原告は「到底受け入れられない」として控訴した。本紙がこの裁判に注目したのは、個人であれ、企業であれ、保険加入者の主張が判決で認められたのは、本紙で大きく報じたソニー生命の件など、ごくごくわずかのなか、本訴訟では、加入者側(原告側)には明治安田生命の主張(不利な保険解約をして、再契約したのは、「まとまったお金」=解約返戻金を加入者が欲したから。解約しなければ、保険金は下りていた)を覆すに足ると思われる物証(担当生保レディーとのこの間の経緯に関して問い質す会話を録音したテープ)があったからだ。
2008年10月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル



|

« <書籍紹介>『誰が日本の医療を殺すのか』(本田宏。洋泉社) | トップページ | SFCGに、今度は不良債権飛ばし疑惑浮上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42911913

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙既報の明治安田生命の不払い訴訟、原告側敗訴、控訴:

« <書籍紹介>『誰が日本の医療を殺すのか』(本田宏。洋泉社) | トップページ | SFCGに、今度は不良債権飛ばし疑惑浮上 »