« 上場廃止になったアスキーソルーションズの最後の失権第3者割当でも暗躍している仕手グループ | トップページ | 上場廃止になったアスキーソルーションズの最後の失権第3者割当でも暗躍している仕手グループ(追加情報) »

2008.10.24

<心声天語> (60)「意見の相違」

昔、インドに目の不自由な三人の坊さんがいた。ある日、坊さんたちは、象を手で触って意見を述べあった。象の尻尾に触ったお坊さんは「象は紐のような動物」と言った。像の足に触って坊さんは「いや、象は樹木のような動物」。像の耳に触った三人目のお坊さんは、「象は風呂敷のような生き物」と主張し
ては、互いに一歩も譲らなかった◆「十人十色」と言う言葉がある。物事の見解はそれぞれの考え方と経験で異なる。目の見えない坊さんたちにとって、象がいかなる動物かを判断すべく象の尻尾、足、耳に触れた場合、そこから得られる確信は、異なるのが当たり前だ◆家庭から国家まで、どんなところでも意見が交わされる。とくに政治の世界では、「日本のために」との名分を掲げて激しい論争を繰り広げている。国民から選ばれた先生方は、自分の考え、見解こそが絶対だとして熱弁を振るっている。なるほど、どちらの意見、主張にも一理ある。しかし、「これこそ絶対」というものは存在しない◆人と人、組織と組織、国と国…、側の論理とエゴをぶつかりあう。ところが、意見がぶつかりあっているうちはいいのだが、意見の隔たりが大きくなると感情がエスカレートして、争い、暴力事件にまで発展してしまう場合も少なくない。些細な意見の相違から殺人事件にまで至ることも多々ある◆まったく反対の性質をもつプラスとマイナスから電気が生まれるように、自分と違った考えや見解に接することで知恵が芽生える。そしてその知恵は、我々の意識を刺激して活気という賑わいを生じさせる。細い尻尾と風呂敷のような耳、そして、樹木の足が集まって「象」になるように……。(和光)
 2008年10月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

|

« 上場廃止になったアスキーソルーションズの最後の失権第3者割当でも暗躍している仕手グループ | トップページ | 上場廃止になったアスキーソルーションズの最後の失権第3者割当でも暗躍している仕手グループ(追加情報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42889895

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語> (60)「意見の相違」:

» TRC [アイのFX情報商材レビュー]
リニューアルしました。 [続きを読む]

受信: 2008.11.10 14:44

« 上場廃止になったアスキーソルーションズの最後の失権第3者割当でも暗躍している仕手グループ | トップページ | 上場廃止になったアスキーソルーションズの最後の失権第3者割当でも暗躍している仕手グループ(追加情報) »