« 国税、関与の公認会計士、脱税容疑で強制調査ーーグッドウィルのクリスタル買収の闇にメス | トップページ | 北朝鮮・金正日総書記重病説から1カ月余りーー中朝国境でも異常事態の様相 »

2008.10.19

<主張>野田聖子氏に消費者行政担当相の資格無し(発言を議事録で検討)

消費者側に立たねばならない野田聖子消費者行政担当相が、その対立軸にいるマルチ類似商法の大手「日本アムウェイ」にパーティー券を購入してもらっていた件が発覚し、問題になっている。だが、はるかに問題なのは同記事にも書かれている96年4月、野田委員(当時)が衆院商工委員会で行った発言の内容だ。野田大臣は先手を打ち、「勉強不足だった」「業界擁護ということではなかった」などと言い訳している。だが、この96年4月といえば、さらにマルチ商法(連鎖販売取引)の規制を強化すべく訪問販売法改正が審議されていたまさに渦中の時期で、同委員会はその専門。しかも当時、最大手だった日本アムウェイは、実態はマルチ商法であるにも拘わらず、そうでないと主張し、マルチ商法に見合った書面を交付せず、規制逃れを行っていた。野田大臣は「業務停止を受けるような会社ではない」と弁明もしているが、そういう意味では確実に“悪質な会社”だった。当時、本紙・山岡はこの日本アムウェイから、マルチ商法と名指ししたことが名誉毀損に当たるとして次々と訴訟提起され、訴訟の真っ直中だった。ただし、すでに95年12月の段階で、東京地裁はマルチ商法に該当するとして、名誉毀損に当たらないとの判決が出ていた。アムウェイは控訴したが、その他の訴訟分も含め、その後、山岡側がすべて勝訴した。また、97年11月、国民生活センターの理事長が国会で、日本アムウェイに関する相談・苦情がダントツに多いと証言。98年5月には相談・苦情が減らないとして国センはアムウェイに文書で異例の「警告」をしている。そして日本アムウェイが自ら店頭公開(当時)を取り止めたのは99年9月のことだ。
 2008年10月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

|

« 国税、関与の公認会計士、脱税容疑で強制調査ーーグッドウィルのクリスタル買収の闇にメス | トップページ | 北朝鮮・金正日総書記重病説から1カ月余りーー中朝国境でも異常事態の様相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42832835

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>野田聖子氏に消費者行政担当相の資格無し(発言を議事録で検討):

» マルチ商法 [徒然な駄話と]
憎い相手、いますか? ⇒ 復讐する方法【徒然な駄話と】では旬のワードに関する話題を紹介中!今回の話題はこちら♪↓ 言葉の重さと意味(つ... [続きを読む]

受信: 2008.10.19 08:26

» 野田聖子消費者 [14歳からのお金の話 生活設計 すすめ ]
今、こんなことが・・・・・・・・・びっくりです。ふむふむ、そうなんだぁ〜〜〜。また ひとつ 賢くなったぞ!!. <主張>野田聖子氏に消費者行政担当相の資格無し(発言を議事録で検討)消費者側に立たねばならない野田聖子消費者行政担当相が、その対立軸にいるマルチ....... [続きを読む]

受信: 2008.10.19 15:42

« 国税、関与の公認会計士、脱税容疑で強制調査ーーグッドウィルのクリスタル買収の闇にメス | トップページ | 北朝鮮・金正日総書記重病説から1カ月余りーー中朝国境でも異常事態の様相 »