« <心声天語> (57)「ウォルト・ディズニー」 | トップページ | 「テークスグループ」(旧東京衡機製造所)第3者割当増資(一部)失権の真相 »

2008.10.06

「第一興商」創業者の会社私物化疑惑

 本紙は過去2回に渡り、ジャスダック上場、業務用カラオケ大手「第一興商」の創業者・保志一族の自社株を巡る疑惑を取り上げた。そして一族の疑惑や問題はこれだけに止まらない。例えば、名誉会長・保志忠彦氏のワンマンぶりは目に余るものがあるという。すでに代表権は無いのに、毎週月曜日の第一興商の朝会に出て、同社に関する重要な指示を出しているというのだ。「猜疑心の塊です。未だに第一興商は自分の会社だと思っていて、自分が登用しながら、その幹部が意見を言ったり、力をつけてくると、理由にならない理由をつけてクビにする。“自分の会社”が乗っ取られると思うのでしょう。人事権を含め、すべての権力を握っていますから」(すでに退職した元幹部)。この7~8年を見ても、この元幹部が知るだけでも理由にならない理由で同社を去った役員は社長1名、副社長2名、専務1名、取締役1名を数えるという。さらに本紙は、会社私物化の典型的な具体例を見つけた。保志名誉会長が代表を務める、(有)「ホシ・クリエート」という不動産会社がある。そして、そのホシ社が所有する優良物件が東京都世田谷区内にある。
2008年10月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <心声天語> (57)「ウォルト・ディズニー」 | トップページ | 「テークスグループ」(旧東京衡機製造所)第3者割当増資(一部)失権の真相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42706144

この記事へのトラックバック一覧です: 「第一興商」創業者の会社私物化疑惑:

» 私書箱 [私書箱]
個人情報はあまり漏らしたくない…そんな方に手軽に違う住所を持てるのが私書箱です。 [続きを読む]

受信: 2008.10.11 03:19

« <心声天語> (57)「ウォルト・ディズニー」 | トップページ | 「テークスグループ」(旧東京衡機製造所)第3者割当増資(一部)失権の真相 »