« 本紙既報の明治安田生命の不払い訴訟、原告側敗訴、控訴 | トップページ | 米軍関係者が関与と信用させバカラ賭博開帳ーー母に続き、(元)父も逮捕された観月ありさ »

2008.10.27

SFCGに、今度は不良債権飛ばし疑惑浮上

 信用不安説に加え、反社会勢力との取引など、数々の疑惑が出ている東証1部上場、商工ローン大手「SFCG」(旧商工ファンド)。本紙はその疑惑について、率先して報じて来たが、今度は不動産を担保に融資したものの不良債権化、しかし、折からの地価下落のなか、売却しても損失が出るため、身内のダミー会社に高値で買い取らせる、不良債権の飛ばしをやっていると思われる具体的な物件を多数見つけたので以下、報告する。一例を挙げよう。東京都台東区内に11階建ての高級マンションがある。同ビルの所有者はわずか2年ほどの間にめまぐるしく変わっている。現在の所有者はT社(東京都中央区)。その4カ月前まではT社(大阪府東大阪市)。その6カ月前まではB社(仙台市)。さらにその1年前まではV社(東京都台東区)。そのすべてに、SFCGを債権者とする抵当権が設定され、その設定額は所有者が移る度に増えている(2350万円→3400万円→4000万円→6000万円。これは一部屋の価格)。100歩譲って、あり得ない話だが、偶然、どの所有者もSFCGから借り入れしたとしよう。だが、以下のような偶然はあり得ないだろう。というのは……。
2008年10月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

|

« 本紙既報の明治安田生命の不払い訴訟、原告側敗訴、控訴 | トップページ | 米軍関係者が関与と信用させバカラ賭博開帳ーー母に続き、(元)父も逮捕された観月ありさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42918006

この記事へのトラックバック一覧です: SFCGに、今度は不良債権飛ばし疑惑浮上:

» 中央区 [なりみの出来事]
経営者の奥様必見!!社交マナーを極めてより 社交の場でひときわ輝いてみませんか... [続きを読む]

受信: 2008.11.03 05:00

« 本紙既報の明治安田生命の不払い訴訟、原告側敗訴、控訴 | トップページ | 米軍関係者が関与と信用させバカラ賭博開帳ーー母に続き、(元)父も逮捕された観月ありさ »