« <心声天語> (60)「意見の相違」 | トップページ | あのBBHが「中野サンプラザ」からついに撤退へ »

2008.10.25

上場廃止になったアスキーソルーションズの最後の失権第3者割当でも暗躍している仕手グループ(追加情報)

 本紙は昨10月24日の同タイトル記事で、上場廃止になった「アスキーソルーションズ」の第3者割当、それにマザーズ上場、携帯電話向けソフト開発の「コネクトテクノロジーズ」の資金調達先にも共に「渡邊一史」なる同一人物が登場することを指摘、彼はあくまでダミーに過ぎず、彼の背後で暗躍している同一の有名仕手筋がいるとの見解を述べた。ちなみに、この渡邊氏を良く知る人物によれば、前身の「エフワン」社名時代はデザイン会社としていまより業績はよく、上場を目指すとして「ティグレ(中企連)」に働きかけたり、東京支社を設けたとのこと。
2008年10月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

|

« <心声天語> (60)「意見の相違」 | トップページ | あのBBHが「中野サンプラザ」からついに撤退へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42895436

この記事へのトラックバック一覧です: 上場廃止になったアスキーソルーションズの最後の失権第3者割当でも暗躍している仕手グループ(追加情報):

« <心声天語> (60)「意見の相違」 | トップページ | あのBBHが「中野サンプラザ」からついに撤退へ »