« 「アクセスジャーナルHPの長時間の不通に関するお知らせとお詫び」 | トップページ | 「アクセスジャーナル」再開の見通し »

2008.10.12

本紙有料版「アクセスジャーナル」HP、サイバー攻撃を受け閉鎖に(サーバー会社が勝手に接続遮断。報道自由侵害の可能性も)

1 すでに本紙の有料版である「アクセスジャーナル」が金曜(10月10日)正午ごろから閉鎖になっているのは既報の通りだが、その後の情報を判断すると、やはりサイバー攻撃を受けたために負荷が過重にかかった可能性が高いことがわかって来た。(写真はイメージです)
 あるコンピュータの専門家は、「例え月1万円の支払いでも、共有サーバーでも、この手の攻撃にはサーバー会社は最初から対処しているはず。こんな理由で通知もなく一方的に接続を切るということはよほどのこと。ということは、アクセスジャーナルにターゲットを絞って、特別にプログラム作成して想定外の巨大な負荷をかけている可能性もある」と感想を漏らす。
 そういわれると、この間、2社ほど思い当たるフシがある。2社とも上場会社で、実はアクセスジャーナルではこの間、裏づけ取材を進め、近く公表することになっていた。これが出ると、確かに一挙に信用失墜し、業績悪化、上場廃止もあり得るだけのネタだった。
 だが、いくら巨大な負荷がかかろうが、原因が明確に特定できない段階で(サーバー会社はこちらのプログラムのバグの可能性もあると主張している)一方的に接続を切るというのは営業妨害、そして何より言論の自由に関する重大な問題を内包している。
 詳細は追って報告するが、このサーバー会社R社は、本紙再開に当たり、この加重付加の原因特定を困難にするような免責条項条件さえ提示して来ているのだ。
 それゆえ、この経緯はHP再開後は、徹底して洗い出し、公表して行くつもりだ。
 また、それを訴訟のなかで公明に明らかにしていくのも一つの有効手段とも考え、現在、その点も顧問弁護士と相談中だ。
 いずれにしろ、購読者には多大な迷惑をおかけして申し訳ありません。改めて、深くお詫び申し上げます。
 一方、こうした重大な問題が起きていることを広く訴えたいので、これを読まれた方、他のHP等にこの記事やアクセス先を是非ともご紹介いただきたく思います。 弱小資本ながらも、購読料のみで、記事配信専門で黒字経営をしてきた稀有な先駆的ケースと自負していたアクセスジャーナルですが、以来約2年半にして、いま、存亡の危機に見舞われています。
 どうかよろしくお願い致します。

|

« 「アクセスジャーナルHPの長時間の不通に関するお知らせとお詫び」 | トップページ | 「アクセスジャーナル」再開の見通し »

コメント

どんなブログシステム使ってたか不明ですが、サーバーから記事部分のファイルを一括してftpで落として、新しいブログに載せかえればいかがでしょうか? ネームサーバーだけ振り替えて。

手作業になるとはいえ何万という記事があるわけではないでしょうし。

課金情報はたぶん別に管理しているとおもわれますので、それも含めて新しいアクセス制限付ブログを立ち上げるとか。ホスティング+ASP込みで安いの沢山あるし。

この類のトラブルってホスティング屋にクレームつけてもどうにもならないですよね・・。対応としてはドメインだけ別業者で管理して、ダウンしたら別のホスティングにDNS振る準備をしておくことしかないような。

有料登録しているのでぜひ早い復旧を願っております。

投稿: けい | 2008.10.15 20:43

先週有料登録したばかりですが、まさかの事態。
記事メール配信とか出来ないんですかね?
応援してます。頑張ってください!

投稿: かぶとむし | 2008.10.15 13:56

いろいろ大変でしょうが、応援いたします。頑張ってください。

投稿: S14 | 2008.10.15 13:18

山岡さん、如何わしいチンピラ勢力の妨害に負けず
にがんばってください。応援しています。
報道の自由、言論の自由を守るためにも。

投稿: 冬木 | 2008.10.14 16:11

確かにNTT-COMのIPアドレスが出てくるけど、NTT-COMではVPSサーバの卸売をやっていているからNTT-COMは関係ないんじゃないの?

直接管理しているのはラピッドサイトで、GMOグループでしょ?

アクセスジャーナルへのアクセスログ、購読者のログインID・パスワードの管理
課金情報の管理とかどうなっているの?

投稿: ? | 2008.10.14 14:46

購読料を払っている身としましては、事情はともかく早くサーバー移転なりなんなりして閲覧できるようにしていただきたいと・・・

投稿: aa | 2008.10.14 14:29

購読料返金しやー。

投稿: しげ | 2008.10.14 13:42

DNSやwhoisをひくと、accessjournal.jpのドメインを預かっているのがラピッドサイト http://www.rapidsite.jp/ (NTT-com)で、accessjournal.jpのwwwサーバのIPアドレスを所有しているのが(NTT COMMUNICATIONSだということが誰でもすぐにわかります。「R社」などと伏字にしても何の意味もありません。そもそも、日本のタブーに切込むジャーナリズムを頑張っているのに日本国内の業者に命綱を預けているのが迂闊すぎるんじゃないでしょうか。それとも、こうした事態が起きることを期待してわざとそうしておられたのでしょうか。

投稿: jiangmin | 2008.10.12 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42763567

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙有料版「アクセスジャーナル」HP、サイバー攻撃を受け閉鎖に(サーバー会社が勝手に接続遮断。報道自由侵害の可能性も):

« 「アクセスジャーナルHPの長時間の不通に関するお知らせとお詫び」 | トップページ | 「アクセスジャーナル」再開の見通し »