« 相撲協会に天下り先を確保した警察・検察庁の腐敗度 | トップページ | <心声天語> (57)「ウォルト・ディズニー」 »

2008.10.06

沖縄・大手スーパー賞味期限切れ販売ーー小渕優子少子化大臣の責任に飛び火の様相

 本紙で2度に渡って報じて来た、沖縄県の大手スーパー「タウンプラザかねひで」(「金秀商事」経営)の賞味期限切れ販売問題ーー本紙は、この件と、最年少で大臣になった小渕優子代議士との重大な接点を見つけた。実は小渕大臣の有力後援者が、この販売に関与していた疑惑が出て来たのだ。その説明の前に、この問題、やはりたまたまなんてものではなかった。その後、賞味期限ラベルの張り替えや、賞味期限切れ商品の販売は、金秀商事経営のスーパー約60店舗のほぼすべてで行われており、その数は少なくとも約2700点以上に上ることが明らかになったのだ。ここに至り、ついに「琉球新報」だけでなく、地元2大紙の一方で沈黙していた「沖縄タイムス」、「琉球放送」などの民放も報じ始めた。「県民から、“なぜ、この重大な問題をお宅は報じないんだ!”と沖縄タイムズなどにジャンジャン抗議の電話がかかったらしいよ。そこに持って来て、単なるミスではなく、組織的に賞味期限切れ商品をラベルを貼り替えるなどして売っていた実態が浮上して来たんだから。さすがに県最大の『金秀建設』をグループに持つ金秀グループのスーパーといえど、もう庇いきれなくなったということだ」(地元事情通)。県は週明けの6日に緊急会議を開き、行政指導を検討するとしている。さて、それにしても、小渕大臣との接点とはどういうことか。
2008年10月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 相撲協会に天下り先を確保した警察・検察庁の腐敗度 | トップページ | <心声天語> (57)「ウォルト・ディズニー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42699327

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄・大手スーパー賞味期限切れ販売ーー小渕優子少子化大臣の責任に飛び火の様相:

« 相撲協会に天下り先を確保した警察・検察庁の腐敗度 | トップページ | <心声天語> (57)「ウォルト・ディズニー」 »