« <心声天語> (58)「銀座」 | トップページ | <書評>『「地球温暖化」論に騙されるな!』(丸山茂徳。講談社) »

2008.10.09

広域暴力団の息のかかる企業監査役に就任していた検察庁キャリアOB

 本紙は10月5日、相撲協会に天下りした警察・検察庁OBのケースを紹介することで、その腐敗ぶりを指摘した。だが、この程度のことで驚いている場合ではない。本紙は今年7月から8月にかけ、3度に渡り、大手宗教団体「真如苑」が、墓苑用土地買収の過程で広域暴力団のフロント企業に介入されたとの件を報じた。しかも、そのフロント企業と、真如苑と顧問契約を結んでいたリスク管理会社(警察・検察OBが数多く天下っている)が、実は裏で繋がっていた疑惑まであることを紹介した。これだけでも唖然とさせられるが、その後の追加取材でさらなる驚愕の事実が浮かび上がってきた。何とこのフロント企業のグループ会社の監査役に、かつて高検検事長まで務め、現在、法科大学院教授まで務める検察OBが就いていたのだ。
2008年10月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <心声天語> (58)「銀座」 | トップページ | <書評>『「地球温暖化」論に騙されるな!』(丸山茂徳。講談社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42735933

この記事へのトラックバック一覧です: 広域暴力団の息のかかる企業監査役に就任していた検察庁キャリアOB:

« <心声天語> (58)「銀座」 | トップページ | <書評>『「地球温暖化」論に騙されるな!』(丸山茂徳。講談社) »