« <心声天語>(55)「何事も怒ったら負けである」 | トップページ | <記事紹介>「御手洗冨士夫の『腐れ縁』」(『FACTA』08年10月号) »

2008.09.30

「トランスデジタル」、「SFCG」の危険な共通点

 本日でジャスダック上場廃止になり、民事再生を目指している情報通信関連の「トランスデジタル」ーーもっとも、本紙既報のように、30億円近くもの資金を新株予約権発行で集めながら、即、不渡りを出して上場廃止に至っただけに、当局としては同社に対し、株式市場の信頼を保つために何らかの“処分”をすることが至上命題になっているとの観測しきりだ。こうしたなか、この間、資金調達に関わった複数の株式ブローカーなどの名前が上がっていたが、その一方で、当局は別の不動産会社に注目しているとの情報がある。というのは、この不動産会社、複数の広域暴力団組織がカネを出して設立されている可能性があるにも拘らず、そこにトランスの過去の増資で集めた資金の大半が貸し出されており、そのため不渡り直前の新たな新株予約件発行に至った経緯があるからだ。しかも、この不動産会社の最大の資金元が、空売りができない銘柄なのに昨日も大幅に株価を下げた商工ローン大手、東証1部上場の「SFCG」(旧商工ファンド。大島健伸代表)だったのだ。両者の共通点とは「反社」(反社会的団体)。経営悪化の本質はここにあるとの見方もある。
2008年9月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <心声天語>(55)「何事も怒ったら負けである」 | トップページ | <記事紹介>「御手洗冨士夫の『腐れ縁』」(『FACTA』08年10月号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42644152

この記事へのトラックバック一覧です: 「トランスデジタル」、「SFCG」の危険な共通点:

» 金利のつかないキャッシング [金利のつかないキャッシング]
金利のつかないキャッシング [続きを読む]

受信: 2008.10.01 01:52

» 勝ち組のキャッシング [勝ち組のキャッシング]
勝ち組のキャッシング [続きを読む]

受信: 2008.10.01 20:29

« <心声天語>(55)「何事も怒ったら負けである」 | トップページ | <記事紹介>「御手洗冨士夫の『腐れ縁』」(『FACTA』08年10月号) »