« SFCG傘下上場企業「塩見ホールディングス」株の異常な動き | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(180)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑(追加) »

2008.09.26

大麻問題で解雇ロシア出身兄弟元力士代理人弁護士の過去

 大麻に陽性反応を示したとして、ロシア出身の元力士、露鵬と白露山の兄弟が日本相撲協会を解雇された件で、徹底抗戦するとしている。テレビのワイドショーは連日、大きく取り上げていたが、この2人が頼りにしている代理人の塩谷安男弁護士も大きな注目を浴びている。というのも、この人、事件化した「アイ・シー・エフ」(オーベン)の常勤監査役を務めていただけでなく、後述するが、極めて親しい関係者が後のこの事件に連なっていたからだ。すでにネット上では、過去に塩谷氏が懲戒処分を受けていた事実、無罪になったとはいえ、ルーシー・ブラックマンさん以外では連続女性暴行事件で準強姦致死罪で有罪判決が出た織原城二、大量送信メールで不当利益を得ていた出会い系サイト会社の弁護をしていた事実などが報じられている。そして、この他にも注目すべき弁護を行っていた。
2008年9月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« SFCG傘下上場企業「塩見ホールディングス」株の異常な動き | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(180)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑(追加) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42595603

この記事へのトラックバック一覧です: 大麻問題で解雇ロシア出身兄弟元力士代理人弁護士の過去:

« SFCG傘下上場企業「塩見ホールディングス」株の異常な動き | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(180)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑(追加) »