« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(179)突如、破産手続したマザーズ上場「リプラス」の裏事情 | トップページ | 大麻問題で解雇ロシア出身兄弟元力士代理人弁護士の過去 »

2008.09.25

SFCG傘下上場企業「塩見ホールディングス」株の異常な動き

 9月24日、本紙で反社会勢力との関係を指摘した、大証2部建設設計会社「塩見ホールディングス」の株価が、異常な動きを見せた。塩見株は8月半ばから100円の大台を割り、9月に入ってからはさらにもう一段下がり50円に近づいていた。もっとも、その間の出来高はせいぜい数十万株に過ぎなかった。それが9月22日(月)は219万300株、さらに24日(23日は祭日)には全株の3割近い743万300株まで急増。それと並行して同社株は24日の一日だけで一挙に116円まで上がったと思ったら、一転、78円まで下げる(終値84円)というジェットコースターのような動きをした。そして本日の出来高は約157万株とやや多いものの、株価は前日比-6円と落ち着きを取り戻している。いったい、これはどういうことなのか。そこで気になるのが、親会社「SFCG」の動向なのだ。実は……。
2008年9月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(179)突如、破産手続したマザーズ上場「リプラス」の裏事情 | トップページ | 大麻問題で解雇ロシア出身兄弟元力士代理人弁護士の過去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42593044

この記事へのトラックバック一覧です: SFCG傘下上場企業「塩見ホールディングス」株の異常な動き:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(179)突如、破産手続したマザーズ上場「リプラス」の裏事情 | トップページ | 大麻問題で解雇ロシア出身兄弟元力士代理人弁護士の過去 »