« 共同保有者とつきあい解消? 「春日電機」株を売り払った鹿内宏明J | トップページ | 丸山茂樹の黒い交遊関係や問題を放任する奥田碩トヨタ自動車前会長(上) »

2008.09.17

米リーマン破綻が直撃?ーー「SFCG」、いよいよ重大決断か

 昨日、本紙は東証1部、中小企業向け保証人付きローンの「SFCG」(旧商工ファンドに信用不安説が流れていることを報じたが、その後、今度は大島健伸会長兼社長が重大な決断をしたとの情報が入って来たので、以下、お伝えしておく。何しろ、SFCGは運転資金などの大半を外資、なかでも破綻した米証券4位、リーマン・ブラザーズの日本法人「リーマン・ブラザーズ証券」(16日、民事再生法を申請)に最も頼っていたのだから無理もない(07年8月期。短期借入約822億円の内734億円)。この苦境を反映するようにSFCGの株価は下降の一途。本日終値は6660円(前日比-13・05%)。この1年で5分の1近くにまで暴落している。
2008年9月17日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 共同保有者とつきあい解消? 「春日電機」株を売り払った鹿内宏明J | トップページ | 丸山茂樹の黒い交遊関係や問題を放任する奥田碩トヨタ自動車前会長(上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42509871

この記事へのトラックバック一覧です: 米リーマン破綻が直撃?ーー「SFCG」、いよいよ重大決断か:

« 共同保有者とつきあい解消? 「春日電機」株を売り払った鹿内宏明J | トップページ | 丸山茂樹の黒い交遊関係や問題を放任する奥田碩トヨタ自動車前会長(上) »