« 発生から3カ月以上ーートヨタ城下町で起きた女子高生強盗殺人事件の闇(第3回=犯人像) | トップページ | 沖縄建設・不動産業界に打撃を与えたゼファーの民事再生申請 »

2008.09.20

パシコン・荒木民生被告の上告棄却で、本紙・山岡等の勝訴確定

 現在も東京地検特捜部はPCIを初めとする世界的な建設コンサルタント企業グループ「パシフィックコンサルタンツグループ」の捜査を進めているが、このグループを率いていた荒木民生前会長(今年4月、逮捕。公判中)の特別背任疑惑をいち早く報じた本紙・山岡と、山岡が執筆した月刊経済誌『ZAITEN』を発行する「財界展望新社」に対する荒木被告の上告が棄却されたとの報告が、昨日、こちらの代理人弁護士からあった。荒木被告並びにパシコンはこの間、山岡の記事は事実無根だとして、山岡に対し、2つの民事訴訟、記事をHP上から削除せよとの仮処分申立、さらには刑事告訴も行うなど、山岡潰しに躍起になったが、これを持ってすべて山岡側勝訴で終了した。それにしても……。
 2008年9月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 発生から3カ月以上ーートヨタ城下町で起きた女子高生強盗殺人事件の闇(第3回=犯人像) | トップページ | 沖縄建設・不動産業界に打撃を与えたゼファーの民事再生申請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42530024

この記事へのトラックバック一覧です: パシコン・荒木民生被告の上告棄却で、本紙・山岡等の勝訴確定:

« 発生から3カ月以上ーートヨタ城下町で起きた女子高生強盗殺人事件の闇(第3回=犯人像) | トップページ | 沖縄建設・不動産業界に打撃を与えたゼファーの民事再生申請 »