« 大麻問題で解雇ロシア出身兄弟元力士代理人弁護士の過去 | トップページ | <お知らせ>「記者山岡取材メモ」14回=ホテル代踏倒外務官僚、アーバン天下り元検事総長、ユニマット土地不法取得各疑惑オンデマンド中 »

2008.09.26

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(180)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑(追加)

 ジャスダック上場、業務用カラオケ大手「第一興商」の創業者一族の自社株をめぐる疑惑について前回報じたが、取材を進めると、すでに名誉会長に退いているにも拘わらず、いまだ経営を支配している保志忠彦氏に対する疑惑が数々浮き彫りにされて来る。同氏が自身の保有株を2人の息子に生前贈与する直前に、同社株が急落し、この背景には「贈与税を圧縮するため、意図的なもの」との疑惑が浮上しているわけだが、これを裏づけるかのように、そのころ保志忠彦氏が「自社の株価が下がるのを喜んでいる経営者は俺ぐらいなものだろう」との発言を多くの幹部に漏らしていた。株主無視もはなはだしい話だ。さらなる疑惑は、その贈与税支払いのために、2人の息子が三菱UFJ信託銀行から融資を受けた併せ60億円の返済に関して。
2008年9月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 大麻問題で解雇ロシア出身兄弟元力士代理人弁護士の過去 | トップページ | <お知らせ>「記者山岡取材メモ」14回=ホテル代踏倒外務官僚、アーバン天下り元検事総長、ユニマット土地不法取得各疑惑オンデマンド中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42599955

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(180)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑(追加):

« 大麻問題で解雇ロシア出身兄弟元力士代理人弁護士の過去 | トップページ | <お知らせ>「記者山岡取材メモ」14回=ホテル代踏倒外務官僚、アーバン天下り元検事総長、ユニマット土地不法取得各疑惑オンデマンド中 »