« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(177)「オリックス」に関し信用不安説流れる | トップページ | <心声天語>(50)欲を利用するユダヤ人の知恵 »

2008.09.12

かたちだけ受理!? インペリアルグループ・今津雅夫氏詐欺疑惑への警視庁の不可解な対応

 投資家が騒ぎ出してから実に5年余りーー警視庁捜査2課は今年7月25日、ようやく、わが国だけでも200億円以上をかき集めた海外ファンド「インペリアルグループ」の日本における経営幹部だった今津雅夫氏に対し詐欺容疑で出されていた「告訴状」を正式に受理していたことがわかった。この手の投資詐欺においては、カネの流れが海外で追跡しにくいことを幸いに、集めたカネはちゃんと投資に回されたが運用に失敗しただけのことと主張され、被害者が泣き寝入りするケースは多い。そのため、過去事件化したものは、エビ養殖のワールドオーシャンファーム事件のように事業の実態はほとんどなかったケースが多い。逆に言えば、投資実態があるように、あるいは、その有無さえ掴めないほどカネの流れを複雑にしているなどすれば事件化は難しい。その点、今回受理になったケースは、被告訴人・今津氏が9・11NYテロの余波を受け、ファンドの銀行口座が閉鎖されたと主張しているにも拘わらず、その後、さらに勧誘して交付させた資金2000万円に限られている。ところが、それにも拘わらず、関係者によれば、警視庁は正式受理するに当たって条件を付け、「受理するのは○○さんの分だけだから」、それも「かたちだけのものだから」と告訴人並びに告訴人弁護士に念を押したというのだ。果たして、そんなバカな話があるのだろうか。
2008年9月11日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(177)「オリックス」に関し信用不安説流れる | トップページ | <心声天語>(50)欲を利用するユダヤ人の知恵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42449466

この記事へのトラックバック一覧です: かたちだけ受理!? インペリアルグループ・今津雅夫氏詐欺疑惑への警視庁の不可解な対応:

» 海外ファンド [海外ファンド.com]
海外ファンドのメリット・デメリット、海外ファンドの種類について [続きを読む]

受信: 2008.10.07 00:57

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(177)「オリックス」に関し信用不安説流れる | トップページ | <心声天語>(50)欲を利用するユダヤ人の知恵 »