« SFCGの「売掛債権」に関する違法回収疑惑 | トップページ | 官房長官起用=河村建夫氏の身体検査は大丈夫か »

2008.09.24

<主張>汚染米事件は農水省の犯罪

 残留農薬などで汚染された「事故米」を食品用などに不正転売していた「三笠フーズ」は、食品衛生法や不正競争防止法両違反だけでなく、詐欺罪でも立件される見通しだ。当然と言えば当然だが、忘れてならないのは、農水省はこの犯罪を“幇助”していた事実だ。この事故米は中国などから輸入された外国産だが、なぜ、事故米と判明した時点で相手国に送り返さなかったのか。日本は95年以降、世界貿易機関(WTO)協定に基づき、自動車などを海外で売る替わりに、相手国の余った米の輸入を義務づけられた。“ミニマムアクセス(MA)米”というもので、そのノルマは年間約77万㌧。事故米のほとんどはこのMA米だ。そしてこのMA米は、主食用としての国産米に悪影響が出ないように、購入して数年は倉庫で寝かされ、せんべいなどの加工米など別用途に販売される。そのため販売価格は安く、差損が出て、ここ数年でも100~300億円の赤字だという。その点、ノルマの約77万㌧にカウントでき、それでいて購入価格は10分の1以下で済む事故米輸入は、この差損を少しでも減らせるということで、わが国政府・農水省は事故米をあえて送り返して来なかった。
 2008年9月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« SFCGの「売掛債権」に関する違法回収疑惑 | トップページ | 官房長官起用=河村建夫氏の身体検査は大丈夫か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42578145

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>汚染米事件は農水省の犯罪:

» 事故米ビジネス [チュチュ日記]
三笠フーズ一斉捜索 転売益は2300万円 「事故米ビジネス」にメス [続きを読む]

受信: 2008.09.25 12:21

« SFCGの「売掛債権」に関する違法回収疑惑 | トップページ | 官房長官起用=河村建夫氏の身体検査は大丈夫か »