« 偽証罪の重さーーあの守屋武昌防衛省前事務次官に、検察側は懲役3年6月を求刑 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(175)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑 »

2008.09.08

「アトリウム」の信用不安が「クレディセゾン」に飛び火

「オリックス」とのあの統合交渉報道は何だったのか? 本紙はこの報道の際、来秋を目処に統合を目指すとする一方「クレディセゾン」が子会社「アトリウム」を抱える懸念について即座に報じたが、その通りの見方が強まっているようだ。「クレディセゾン」の株価はここに来て急落、その原因として、9月5日の「日経」にさえ、「前期の連結経常利益3分の1を稼ぎ出した子会社アトリウムの不動産向け融資保証事業の状況を懸念する投資家が増えている」とのファンドマネージャーの声を紹介される始末。
2008年9月8日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 偽証罪の重さーーあの守屋武昌防衛省前事務次官に、検察側は懲役3年6月を求刑 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(175)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42412988

この記事へのトラックバック一覧です: 「アトリウム」の信用不安が「クレディセゾン」に飛び火:

« 偽証罪の重さーーあの守屋武昌防衛省前事務次官に、検察側は懲役3年6月を求刑 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(175)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑 »