« 「アトリウム」の信用不安が「クレディセゾン」に飛び火 | トップページ | <心声天語>(49)三島由紀夫の割腹自殺 »

2008.09.08

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(175)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑

「第一興商」といえば、業務上通信カラオケ「DAM」で業界首位を走る優良企業。同時に、業界内では創業者の保志一族のワンマン経営でも知られる。創業者の保志忠彦氏(70)はすでに名誉会長に退いているが、毎日会長室に出勤し、いまも実質、経営を指揮しているという。同社に務める2人の息子は36歳と32歳とまだ若いが、すでに長男の方は取締役の地位にあり、忠彦氏は近い将来、この息子に社長を継がせる気だという。その動きの一環だろう、07年5月16日付で、忠彦氏はこの2人の息子に自身の所有株(14・26%)のほとんどを生前贈与している。その結果、長男・忠郊氏の保有率は11・2%で筆頭株主に、次男・治紀氏も10・95%で第2位株主になった。これに関し……。
2008年9月8日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「アトリウム」の信用不安が「クレディセゾン」に飛び火 | トップページ | <心声天語>(49)三島由紀夫の割腹自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42413401

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(175)「第一興商」創業者一族の自社株巡る疑惑:

« 「アトリウム」の信用不安が「クレディセゾン」に飛び火 | トップページ | <心声天語>(49)三島由紀夫の割腹自殺 »