« 「トランスデジタル」、「SFCG」の危険な共通点 | トップページ | 民事再生を申請した「ランドコム」社長の知られざる過去 »

2008.09.30

<記事紹介>「御手洗冨士夫の『腐れ縁』」(『FACTA』08年10月号)

 9月20日発行の会員制月刊情報誌『FACTA』が、コピーやカメラで首位級、東証1部「キヤノン」と御手洗冨士夫会長の例の疑惑につき、再び、取り上げている。東京地検特捜部はこの10月には強制捜査に入る構えだというのだ。この疑惑、昨年末に飛び出し、本紙もその後、京大も巻き込んだ疑惑を報じている。
2008年9月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「トランスデジタル」、「SFCG」の危険な共通点 | トップページ | 民事再生を申請した「ランドコム」社長の知られざる過去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42646499

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「御手洗冨士夫の『腐れ縁』」(『FACTA』08年10月号):

« 「トランスデジタル」、「SFCG」の危険な共通点 | トップページ | 民事再生を申請した「ランドコム」社長の知られざる過去 »