« <主張>自民党総裁選を盛り上げる大手マスコミの罪 | トップページ | <記事紹介>「『ODA贈賄企業』から1億円受け取っていた『小泉チルドレン』」(『週刊新潮』9月11日号) »

2008.09.05

<記事紹介>「会員制情報誌『選択』の法廷で見えた“黒い人脈”」(『ZAITEN』08年10月号)

 9月1日発売の月刊経済雑誌『ZAITEN』が、本紙では何度か記事を紹介、マスコミ、当局関係者、政財界人の読者も多いと思われる会員制月刊誌『選択』と暴力団関係者との癒着疑惑を報じている。選択出版といえば、04年、印刷利権を巡る贈収賄で、厚労省中堅幹部等と共に、同社専務であると共に、広告部門子会社「選択エージェンシー」社長も務めていた人物が逮捕されている。これだけでも大ダメージだが、まして本当に暴力団側と癒着していることが事実なら、雑誌の存続自体を問われかねない。もっとも、この記事、裁判でそう疑われるような発言が飛び出したとなっているが、予備知識のない方にはわかりづらいので、以下、解説する。
2008年9月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <主張>自民党総裁選を盛り上げる大手マスコミの罪 | トップページ | <記事紹介>「『ODA贈賄企業』から1億円受け取っていた『小泉チルドレン』」(『週刊新潮』9月11日号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42387345

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「会員制情報誌『選択』の法廷で見えた“黒い人脈”」(『ZAITEN』08年10月号):

« <主張>自民党総裁選を盛り上げる大手マスコミの罪 | トップページ | <記事紹介>「『ODA贈賄企業』から1億円受け取っていた『小泉チルドレン』」(『週刊新潮』9月11日号) »