« 株主が「アーバンコーポレイション」などを提訴の動き | トップページ | VS明治安田生命の注目の「不払い訴訟」、判決は8月29日 »

2008.08.18

<書籍紹介>『逆臣 青木幹雄』(松田賢弥。講談社)

 竹下登元首相の一介の秘書に過ぎなかった青木幹雄は、いかにして「参議院のドン」ばかりか、小渕恵三首相(当時)が倒れた際、「首相臨時代理」として、わずかの間ながらもわが国トップに就いたのか?『週刊現代』、『月刊現代』で活躍する筆者は、この“権力の亡者”の素顔を徹底して暴き、糾弾している。ポスト小渕を密室談合で、早稲田大学雄弁会後輩で麻雀仲間の森喜朗に譲った件。日歯連1億円闇献金事件の最大の戦犯だった件。郵政選挙後、旧竹下派を裏切って小泉首相にすり寄った件。竹下元首相の恥部を握り、青木伊平“金庫番”秘書自殺後、地元利権を奪った件ーーこれら罪状を次々と上げ、青木は「バッチをつけたフィクサー」、「権力の権化」、「暗黒政治の生みの親」とまで言い切る。
2008年8月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 株主が「アーバンコーポレイション」などを提訴の動き | トップページ | VS明治安田生命の注目の「不払い訴訟」、判決は8月29日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42204175

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『逆臣 青木幹雄』(松田賢弥。講談社):

« 株主が「アーバンコーポレイション」などを提訴の動き | トップページ | VS明治安田生命の注目の「不払い訴訟」、判決は8月29日 »