« 当局がいよいよ動き出した「昭和ゴム」ーー容疑は役員たちの特別背任か | トップページ | 「ブリヂストンスポーツ」の“黒い取引” »

2008.08.05

ベトナムODA、PCI前社長ら逮捕ーーそのワイロを捻出していた香港会社を発見

大手マスコミ既報のように、東京地検特捜部は8月4日、ベトナムでの政府開発援助(ODA)事業受注のため、同国ホーチミン市幹部に計約9000万円のワイロを渡していたとして、世界的建設コンサルタントグループ=通称「パシコン」の海外主要企業「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」(PCI)の前社長・多賀正義、元常務・高須邦雄など4容疑者を逮捕した。このパシコンのトップについ最近まで君臨していたのは、疑惑を呈した本紙・山岡に対し、嫌がらせ訴訟を連発したり、告訴するなどしたものの、今年4月に別件容疑で逮捕、そして起訴された荒木民生被告であることは本紙既報の通り。さて、今回逮捕容疑のワイロ9000万円は、逮捕された1人、高須容疑者が香港に設立した会社から捻出されていた可能性があるが、本紙はそれと思われる企業を発見した(以下に、その謄本の一部を転載)。
2008年8月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 当局がいよいよ動き出した「昭和ゴム」ーー容疑は役員たちの特別背任か | トップページ | 「ブリヂストンスポーツ」の“黒い取引” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42067209

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムODA、PCI前社長ら逮捕ーーそのワイロを捻出していた香港会社を発見:

« 当局がいよいよ動き出した「昭和ゴム」ーー容疑は役員たちの特別背任か | トップページ | 「ブリヂストンスポーツ」の“黒い取引” »