« <ミニ情報>「健康上の都合」の辞任理由の嘘がバレた? 「アーバンコーポレイション」前取締役、土肥孝治元検事総長 | トップページ | <書籍紹介>『閉塞経済―金融資本主義のゆくえ』(金子勝。ちくま新書) »

2008.08.30

「クオンツ」、本日返済分は何とかクリアに。一転、「オープンループ」に吹き出した空増資疑惑

 本日(8月29日)はジャスダック上場のファンド運営会社「クオンツ」が、同社の総額45億円のSMCBを引き受けた「ニッポン エクイティ パートナーズ」とその後、対立し、和解により償還することになり、その一部8億円の返済期日だった。本紙は、クオンツが返済不能になる懸念があると2度に渡り報じたが、関係者によれば、何とか今回の支払いはクリアしたという。ただし、本紙指摘のように、当初、今回の返済に当てる予定だったマザーズ上場「アーティストハウスホールディングス」からの7億5000万円の返済は1カ月延期されたし、クオンツが(子会社と併せ)所有している約34%のへラクレス上場「オープンループ」株式の処分もなされなかった。「山田(恭太クオンツ代表取締役)会長が旧知の金主に、オープンループ株を担保に入れるなどして、何とかこの一両日の間にギリギリでかき集めたそうです」(関係者)。こうしたなか、オープンループは前日の8月28日、第3者割当増資を発表した。5億円近くで、実施されれば、クオンツ側の比率は約34%から約22%に低下する。以前からオープンループの駒井滋創業者兼社長と、クオンツの山田会長は激しく対立しており、今回もTOB説が囁かれるなか、山田会長側の比率を重要事項の特別決議の阻止(拒否権発動)ができる3分の1以下に下げることが目的であることは容易に想像される。これに対し、クオンツ側が差止仮処分の申立を行うのは必至と見られる。そして、こうした攻防のなかで浮上したのが、オープンループのこの第3者割当増資に関する空増資疑惑なのだ。
2008年8月29日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <ミニ情報>「健康上の都合」の辞任理由の嘘がバレた? 「アーバンコーポレイション」前取締役、土肥孝治元検事総長 | トップページ | <書籍紹介>『閉塞経済―金融資本主義のゆくえ』(金子勝。ちくま新書) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42322832

この記事へのトラックバック一覧です: 「クオンツ」、本日返済分は何とかクリアに。一転、「オープンループ」に吹き出した空増資疑惑:

« <ミニ情報>「健康上の都合」の辞任理由の嘘がバレた? 「アーバンコーポレイション」前取締役、土肥孝治元検事総長 | トップページ | <書籍紹介>『閉塞経済―金融資本主義のゆくえ』(金子勝。ちくま新書) »