« ホテル代1500万円を踏み倒した外務省キャリアの「詫び状」を公開 | トップページ | やはり「風説の流布」!?  「千年の杜」のロシア人工島建設事業にいよいよ赤信号 »

2008.08.01

中国山東省スタジアムで火災ーーテロ説も

 昨日、ミニ情報で報じた中国山東省のスタジアム火災の詳細が判明したのでお伝えする。火災があったのは山東省の省都・済南市の五輪体育センターに建設中のスタジアム。火災が発生したのは新華社(中国・国務院直属の通信社)電によると、7月27日の午後。溶接工事からの失火説が流れている。一時、激しく黒煙を上げていたが、負傷者はいない模様という。同センターは2009年に開催される中国国内大会「第11回全国競技大会」のために建設中で、年内に完成予定。したがって、今回の北京五輪で使用される予定はないという。もっとも、これらは中国当局側の意に沿った差し障りのない内容で、北京五輪中止を訴える国内の反政府組織の犯行では、との見方もないではない。というのは、この済南市の位置づけ。
 2008年8月1日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ホテル代1500万円を踏み倒した外務省キャリアの「詫び状」を公開 | トップページ | やはり「風説の流布」!?  「千年の杜」のロシア人工島建設事業にいよいよ赤信号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42027186

この記事へのトラックバック一覧です: 中国山東省スタジアムで火災ーーテロ説も:

« ホテル代1500万円を踏み倒した外務省キャリアの「詫び状」を公開 | トップページ | やはり「風説の流布」!?  「千年の杜」のロシア人工島建設事業にいよいよ赤信号 »