« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(171)異変のサイン!? この上場不動産会社 | トップページ | 「クオンツ」の和解に基づく返済に関し、返済不能の恐れも »

2008.08.24

普天間基地移設先ーー本紙既報の名護市幹部も関わる投資詐欺疑惑、ついに事件化

 沖縄県名護市といえば、わが国政府が沖縄県米軍普天間基地の移設先ということで、この10年間に「北部振興開発費」名目で総額約2000億円のうち実に800億円以上の補助金を注ぎ込んで来た“沖縄利権の中心地”。守屋武昌元防衛事務次官汚職事件の発火点でもある。福田改造内閣で防衛相に就任するや、早速、先週に林芳正参議院議員が訪沖し、仲井眞弘多知事と島袋吉和名護市長と会ったのは、地元側が利権の分け前を巡って国の方針に反対、移設計画が遅れているためだ。さて、その名護市幹部も関与が指摘されていることから、本紙が2度に渡って報じていた投資詐欺疑疑惑がついに事件化した。沖縄県警はこの7月末、企業組合「沖縄ユーカリファーム」の元代表理事だった島袋江利子、その夫・健治ら計9名を出資法違反容疑で逮捕。そして同夫婦と「コアラの會」元代表の計3名は8月20日、那覇地検に起訴された。コアラの會は、コアラのえさとなる貴重なユーカリ葉を本土の動物園に納入するなどとして高配当を謳い、沖縄県民約200名から20億円ともいわれる出資金を集めていた。それだけ見れば、近年、事件化した近未来通信、円天、ワールドオーシャンファームなどの沖縄版ということになるが、この事件が特異なのは、一体の関係にあった前出・沖縄ユーカリファームには国から計1億3800万円の補助金が出ており、その実績を最大限利用して信頼させたからこそ、被害が拡大した点。そして、この補助金を当たって島袋名護市長ら同市幹部、さらに代議士の関与などの疑惑まで出ている。
2008年8月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(171)異変のサイン!? この上場不動産会社 | トップページ | 「クオンツ」の和解に基づく返済に関し、返済不能の恐れも »

コメント

沖縄の経済問題は何故基地とリンクしないといけないのでしょうか? 米軍基地があっても無くても地域活性化は必要ではないのでしょうか? 基地問題で北部地区住民が二分し分裂するのをまとめるためにも市長には頑張ってもらうしかないと思います。
選挙で選ばれた市長ですから。

投稿: ななし | 2009.10.21 11:19

辺野古基地建設という国家の都合で沖縄県民の生活を壊していくことの象徴的な現象だと思います。
地域の産業を育成することは当然必要ですがその内容を正しく審査しないとこのような不良団体が国の資金を不正に使うという事件が発生するのでしょう。
 不正を隠して悪事を続けることは未来に禍根を残すことになるので、是非このような不正きよりよい未来を築くために取材を続けてください。

投稿: ウエーキ | 2009.05.25 22:44

取材活動には色々な苦労があると思いますが真理を追究することが日本の社会を良くすることであると私は思います。
これからも真実の究明のため取材活動をしてください。

投稿: ベストキッド | 2009.05.18 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42262314

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間基地移設先ーー本紙既報の名護市幹部も関わる投資詐欺疑惑、ついに事件化:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(171)異変のサイン!? この上場不動産会社 | トップページ | 「クオンツ」の和解に基づく返済に関し、返済不能の恐れも »