« <心声天語>(43)祖国と国籍 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(170)あの宮内氏の近況 »

2008.08.19

出資金巡り重大トラブルを起こしていた、「昭和ゴム」を傘下に治めた投資ファンドAPF

 投資ファンド「APF」は、金メダルなら1億円のボーナスを出すと広言していたが、スポンサーしている為末大選手は予選で早々に姿を消したのはご存じの通り。そのAPF、東証2部「昭和ゴム」を子会社「明日香野ホールディングス」を通じて実質、傘下に治めているのは本紙読者ならご承知だろう。ところが、そのAPF会長が詐欺罪で東京地検に告訴されたのは本紙でも既報の通りだが、他にも出資金を巡るトラブルが起きていたことがわかった(以下に、その「出資申込書」、「内容証明郵便」文書転載)。先の告訴のトラブルがあったのは2006年5月のことだが、こちらは同年1月。告訴分のトラブルを巡る金額は4億2000万円とされるが、今回判明した分は5億6000万円とさらに巨額だ。
2008年8月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <心声天語>(43)祖国と国籍 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(170)あの宮内氏の近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42213139

この記事へのトラックバック一覧です: 出資金巡り重大トラブルを起こしていた、「昭和ゴム」を傘下に治めた投資ファンドAPF:

« <心声天語>(43)祖国と国籍 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(170)あの宮内氏の近況 »