« 中国山東省スタジアムで火災ーーテロ説も | トップページ | 「アーバンコーポレイション」の転換株式(約38%)を即、半分売却していたパリバ »

2008.08.01

やはり「風説の流布」!?  「千年の杜」のロシア人工島建設事業にいよいよ赤信号

 今年に入って、本紙では10回以上、大証2部上場「千年の杜」(現・東邦グルーバルアソシエイツ」)に関して報じて来たが、これが最後になるかも知れない。周知のように、本紙が注目したのは、上場しているとはいえ大証2部で、わずか社員10名足らず、木造住宅しか作ったことがないような会社が、突如、ロシア・ソチ市の人工島建設を受注できる見込みとブチ上げ、株価が10倍近くまで急騰、その宣伝マンを久間章生元防衛相が務めたとはいえ、否、だからこそますます会社自身による「風説の流布」による株価操作では? と思ったからだ。その懸念がいよいよ明白になって来た。千年の杜は7月25日には、この建設で、基本合意を結んでいたロシア側企業と交渉を打ち切ると、同社IRで公表。さらに7月30日には、その目的のために7月中旬を目処に現地子会社を設立予定だったが、遅延していることを明らかにしたからだ。
 2008年8月1日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 中国山東省スタジアムで火災ーーテロ説も | トップページ | 「アーバンコーポレイション」の転換株式(約38%)を即、半分売却していたパリバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42027368

この記事へのトラックバック一覧です: やはり「風説の流布」!?  「千年の杜」のロシア人工島建設事業にいよいよ赤信号:

« 中国山東省スタジアムで火災ーーテロ説も | トップページ | 「アーバンコーポレイション」の転換株式(約38%)を即、半分売却していたパリバ »