« ついに警視庁が告訴状を正式受理ーーインペリアルグループ・今津雅夫氏の新たな国内拠点も発見 | トップページ | 1500万円宿泊代踏み倒し外務官僚と、陸自一佐変死の“共通点” »

2008.08.09

これが西岡進氏が仮差した「アライヴコミュニティ」元社長の自宅

  昨8月8日、へレクレス上場の新築マンション室内コーティング総合施行会社「アライヴコミュニティ」の臨時株主総会が開催され、創業者で社長だったこともある福岡浩二氏ら2名は取締役も解任された。一方、福岡氏追放を裏で画策したと思われる実質、過半数以上の大株主である西岡進氏は、すでに実兄は社長の地位にあるが、自身も取締役に就任した。さて、裏で西岡進氏がどのように画策したかは、昨日、本紙で報じたが、そのなかでも極めつけと思われるのが福岡氏の自宅に対し仮差を行った件。以下に、その謄本の一部を転載しておく。
2008年8月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ついに警視庁が告訴状を正式受理ーーインペリアルグループ・今津雅夫氏の新たな国内拠点も発見 | トップページ | 1500万円宿泊代踏み倒し外務官僚と、陸自一佐変死の“共通点” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42115343

この記事へのトラックバック一覧です: これが西岡進氏が仮差した「アライヴコミュニティ」元社長の自宅:

« ついに警視庁が告訴状を正式受理ーーインペリアルグループ・今津雅夫氏の新たな国内拠点も発見 | トップページ | 1500万円宿泊代踏み倒し外務官僚と、陸自一佐変死の“共通点” »