« 1500万円宿泊代踏み倒し外務官僚と、陸自一佐変死の“共通点” | トップページ | マツダが「規定外費用」の見直し開始(本紙への情報提供“犯人捜し”も) »

2008.08.10

<記事紹介>「漁民に『売り渋る』石油元売り」(『選択』08年8月号)

 本紙でも、今年7月、わが国でもっとも石油高騰の悪影響を受けている漁業関係者がかつてない全国一斉休業を行ったことを報じた。その際、彼らは石油急騰を煽る投機筋への批判も掲げていたが、なぜか、大手マスコミは休業の事実は報じたものの、その点には触れていないことに疑問を呈しておいた。この石油を“売り渋る”石油元売りについて、8月1日発売の会員制情報誌『選択』が2頁の特集記事を組んでおり興味深い。それによれば、今回の漁業関係者の苦悩は、その高騰ぶりはもちろんだが、そもそも漁船の燃料に使う「重油」の在庫自体がないという。なぜ、こんなことが起きているのか。
2008年8月10日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 1500万円宿泊代踏み倒し外務官僚と、陸自一佐変死の“共通点” | トップページ | マツダが「規定外費用」の見直し開始(本紙への情報提供“犯人捜し”も) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/42127211

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「漁民に『売り渋る』石油元売り」(『選択』08年8月号):

« 1500万円宿泊代踏み倒し外務官僚と、陸自一佐変死の“共通点” | トップページ | マツダが「規定外費用」の見直し開始(本紙への情報提供“犯人捜し”も) »