« スルガコーポレーション、永田町TBRなどでも未だ強引地上げ!? | トップページ | 朝日VS“防衛利権フィクサー”=秋山直紀氏の名誉毀損訴訟は朝日に軍配(しかも秋山氏個人は途中で原告を降りていた) »

2008.07.12

「千年の杜」大株主同士の泥仕合、一方が徹底究明求め、起訴命令申立

 本紙既報のように、大証2部上場「千年の杜」(現・東邦グローバルアソシエイツ)においては、6・6%の大株主である「(有)ユナイテッド・プラネッツ」が、8・4%の大株主「ライズ環境開発」に対し、千年の杜株式を売買、質入など一切を処分をしてはならないとの仮処分申立を行い、東京地裁は6月4日、これを認めた。ユナイテッドは所有していた8・4%分をライズ環境に売却したことになっている。だが、本当の目的は、ライズ環境は大幅赤字を抱えており、これによって処分した際の千年の杜株式売却益と相殺することで税金をできるだけ取られないようにしようというもので、だからこそ、ユナイテッドには売却代金が一銭も入ってないにも拘わらず、「大量保有報告書」でライズ環境への所有権移転が明らかにされても、ユナイテッドは最近まで何ら文句をいわなかったという名義貸しによる脱税疑惑が出ているのだ。さて、前述のように、ユナイテッドの主張が仮とはいえ認められ、これに対し、ライズ環境は形勢不利と思い気や、何とライズ環境はこの7月10日、起訴命令申立を行ったことが新たに明らかになった(「起訴命令申立書」のコピーを以下に転載)。
2008年7月12日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« スルガコーポレーション、永田町TBRなどでも未だ強引地上げ!? | トップページ | 朝日VS“防衛利権フィクサー”=秋山直紀氏の名誉毀損訴訟は朝日に軍配(しかも秋山氏個人は途中で原告を降りていた) »

コメント

毎日新聞の捏造報道を許すな!

「日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る」
「日本の看護婦は娼婦以上」
「日本の料理店は、調理する前に食材を獣姦する」
「日本の母親は、息子の勉強意欲向上のために性処理をする」
信じられるでしょうか?
これらは日本を代表する毎日新聞が七年間に渡り、英文サイトで実際に世界にむけて報道していた記事の内容です。
そして毎日新聞社はこれらの責任者を「処分」と称して「昇格」させております。
貴方は本当にこの新聞社に正義があると思いますか?


毎日新聞問題の情報収集wiki
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/

投稿: 宣伝 | 2008.07.13 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41808772

この記事へのトラックバック一覧です: 「千年の杜」大株主同士の泥仕合、一方が徹底究明求め、起訴命令申立:

« スルガコーポレーション、永田町TBRなどでも未だ強引地上げ!? | トップページ | 朝日VS“防衛利権フィクサー”=秋山直紀氏の名誉毀損訴訟は朝日に軍配(しかも秋山氏個人は途中で原告を降りていた) »