« 「アーバンコーポレイション」から本紙に届いた「通知書」 | トップページ | <心声天語>(36)感謝を忘れた「貧しい心」 »

2008.07.24

中国産ふぐ偽装会社は、安倍晋三元首相地元の官製談合疑惑企業

 山口県下関市といえば、ふぐの産地として有名。そして安倍晋三元首相の地元でもある。
その下関市に本社を置く水産物加工卸会社「エツヒロ」(森敏一社長)が、中国産の養殖とらふぐを国産と偽って販売していたとして、農水省は7月22日までに日本農林規格(JAS)法違反の疑いで長門市の同社工場を立ち入り調査。23日には是正勧告を行った。これだけ見れば、いま流行(?)の食品偽装の一つに過ぎない。だが、このエツヒロが他の偽装会社と少々違うのは、森社長は卸会社、ふぐ料理店を営む一方、本紙既報のように、汚水処理装置の製造・販売会社も営み、しかも安倍氏の“国家老”と言われる江島潔氏率いる下関市政にガッチリ食い込み、官製談合疑惑にまで関わっている事実。
2008年7月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「アーバンコーポレイション」から本紙に届いた「通知書」 | トップページ | <心声天語>(36)感謝を忘れた「貧しい心」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41953471

この記事へのトラックバック一覧です: 中国産ふぐ偽装会社は、安倍晋三元首相地元の官製談合疑惑企業:

« 「アーバンコーポレイション」から本紙に届いた「通知書」 | トップページ | <心声天語>(36)感謝を忘れた「貧しい心」 »