« 鹿内宏明Jと“仕手筋”に乗っ取られた「春日電機」 | トップページ | 中国産ふぐ偽装会社は、安倍晋三元首相地元の官製談合疑惑企業 »

2008.07.23

「アーバンコーポレイション」から本紙に届いた「通知書」

 本日、東証1部の不動産会社「アーバンコーポレイション」の代理人を名乗る弁護士事務所から、本紙に、配達証明付の「通知書」が届いた。要約すると、本紙が今月10日に配信した同社に関する記事はまったくのデタラメであり、かつ、房園博行社長の顔写真を無断使用しており、ジャーナリズムの基本を欠いているとして、民法709条(不法行為であり損害賠償責任を負う)や刑法709条の信用毀損及び業務妨害罪(最高刑は懲役6年)に該当する可能性があるとして、直ちに、当該記事を消せといって来た。そうしないと、断固とした法的処置を取るという。だが、本紙は削除するつもりはない。同社で内紛が起き、そのなかでいろんな情報が飛び交っているのは紛れもない事実だからだ。また、誰でも見れる部分に記した小川薫被告(起訴猶予処分に)逮捕に関する事情通のコメント部分は、逮捕の記者会見時、警視庁担当者が警視庁クラブ所属記者にレクチャーしたものであり、もし、これが事実無根というなら、抗議は警視庁に持って行くのが筋というものだろう。本紙・山岡がアーバンコーポレイションの動向に強い関心を抱くのは、自身、実に不愉快な体験があることも関係している。
2008年7月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 鹿内宏明Jと“仕手筋”に乗っ取られた「春日電機」 | トップページ | 中国産ふぐ偽装会社は、安倍晋三元首相地元の官製談合疑惑企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41948692

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーバンコーポレイション」から本紙に届いた「通知書」:

« 鹿内宏明Jと“仕手筋”に乗っ取られた「春日電機」 | トップページ | 中国産ふぐ偽装会社は、安倍晋三元首相地元の官製談合疑惑企業 »