« <心声天語>(36)感謝を忘れた「貧しい心」 | トップページ | ついに逮捕された秋山直紀ーー東京地検はどこまで背後の巨悪に迫れるか? »

2008.07.24

背後に上場企業創業者一族の愛憎劇ーー預金者のカネを引き出させないみずほ銀行

 ある日、自分の預金通帳のカネを引き出しに行ったら、それができない。驚いて、行員に問い合わせたら、「内容証明郵便が届きまして、真の預金者は自分だという方が現れたからです」と言われて納得できるだろうか。
 納得どころか、内容証明郵便一つで、預金を凍結されるなど、どう考えてあり得ない。
野村證券吉祥寺支店の同じ預金者の口座も、同様の内容証明の通知により一時、凍結された。だが、さすがにこんなことが罷り通るわけがなく、現在は預金者側の主張を聞き入れ、凍結は解除されている。現実にこんなことが起きていた銀行とは、みずほ銀行石神井支店。
昨年9月から、いまも凍結されており、この口座には毎月の給料を振り込まれていたため、預金者は日々の生活にも事欠く有様なのだ。なぜ、こんなことが起こり得たのか。それは……。
2008年7月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <心声天語>(36)感謝を忘れた「貧しい心」 | トップページ | ついに逮捕された秋山直紀ーー東京地検はどこまで背後の巨悪に迫れるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/41957278

この記事へのトラックバック一覧です: 背後に上場企業創業者一族の愛憎劇ーー預金者のカネを引き出させないみずほ銀行:

« <心声天語>(36)感謝を忘れた「貧しい心」 | トップページ | ついに逮捕された秋山直紀ーー東京地検はどこまで背後の巨悪に迫れるか? »